メディア(画像など)を挿入する時の、デザイン指定。キャプションを指定する事も。

画像などのメディアを、ページ内に挿入する時に設定画面上で指定できるものとして、 ■タイトル ■キャプション ■代替テキスト ■説明 <添付ファイルの表示設定> ■配置  左・中央・右・なし ■リンク先  メディアのリンク先URLを設定 ■サイズ  表示サイズ。 があります。 この中で、■キャプション の部分を指定すると、画面上にそのメディアの説明分を付けてくれます。 上記の様に、【 メディア設定 】はキャプションに設定しましたので、画面上に表示されていると思います。 いくつか […]

ページを分類分けする為に、カテゴリーを設定しましょう。

1つ1つ投稿するページを、訪問者が探しやすくする為に、分類分けをする事が必要です。 分類分けされてないと、記事や投稿が多くなった場合には探すのが難しくなります。 これは、【カテゴリー】を設定して、そのカテゴリーに対して、投稿をすれば分類をしてくれます。 カテゴリー自体は、投稿が増えれば、分け方も増えると思いますが、想定される分け方を設定してみてください。 ■ダッシュボード ↓ ■投稿 ↓ ■カテゴリー の中で設定できます。 設定箇所は、3か所あります。 ■1つ目:名前   こ […]

URLリンクを変更。パーマリンクを設定しましょう。

WordPressでは、URLリンクの表示方法をカスタマイズ可能です。 何も設定しない状態(デフォルト)の場合は、リンクの最後尾に ?P=1234 というような文字で、リンクが作成されると思います。 本ホームページでは、 http://1uphp.com/w/step9/ ‎ となる様に設定しています。 これを設定するには、 ■ダッシュボード ↓ ■設定 ↓ ■パーマリンク設定 を選択すると右側に設定が表示されます。 本サイトでは、投稿名 を選択しています。 そして、投稿を追 […]

class=”screen-reader-text” と clip: rect(1px, 1px, 1px, 1px);

テンプレートの twentyseventeen のコードを見ていたら、コードにある「投稿日:」が表示されていないので、コードを見てみた。   のHTMLの部分。 class=”screen-reader-text” で指定されている部分を見ていたら、 clip という指定がありました。これは何?と思って調べてみました。 これは、画面上表示させない方法であるらしい。 しかし、昔から非表示には、display: none; があります。 どうやら、disp […]

「二段階認証」&「ワンタイムパスワード」wordpress

ログインページへは、出来るだけセキュリティ対策は行いリスクを減らしていきましょう。 ログインの際には、 ・ユーザー名 ・パスワード なので、そこにさらに ・認証番号 を追加して3つにしましょう。 これは、Google Authenticator code というものを使用して行う事ができます。 wordpress にログインする時に、設定した携帯電話(今回は、設定をした iPhone )を使用してログインします。 (1)wordpress に プラグインを入れて有効化する。 […]

タイトル部分のデザイン変更 Twenty Seventeenの場合

2017年4月15日時点では、Twenty Seventeenというテーマをそのまま使用しています。 このテーマを、そのまま使用していて、タイトルに英単語を使用している場合、 全て大文字になるようにデザインがされいます。 実際に見てみましょう。 StepByStep をいうタイトルを設定しています。 ダッシュボードの設定では、この様になっています。 しかし、サイト上を見ると、 と、全て大文字に変更がされています。 このままでは。と思うので、変更しましょう。 基本的な位置は、 […]

Akismet Anti-Spam (アンチスパム) 

このプラグインは、スパムコメント・スパムトラックバックに対して働いてくれます。 コメント欄・トラックバックを許可する場合には、入れておいた方が良いですね。 ■手順としましては、 有効化 ↓ API キーを設定の為に、 始めるには、Akismet 設定ページに移動してあなたの API キーを設定しましょう。 をクリックして、 Akismet を有効化 ログインまたは今すぐ登録しましょう。 からページへ移動。 ↓ Basic のタイプを選択 ↓ First Name Last N […]

WP Multibyte Patch は、本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。

日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いで、不具合の修正と強化をおこなってくれるプラグインですので、有効化しましょう。 ダッシュボードのプラグインに最初から、インストールされています。 有効化すればOKです。 WP Multibyte Patch

セキュリティを考えましょう。

管理ツールが、インターネット上に存在する wordpress は、その部分へアクセスされると、なんでも出来ます。 なので、インストール時の規定設定では、他から推測が楽になりますので、変更していきましょう。 (1)ユーザー情報の整理 (2)wp-config.phpファイルを守る (3)ログイン失敗回数を制御するプラグインをインストールしていく。 を修正しましょう。 (1)ユーザー情報の整理 管理画面のダッシュボードにログインして、メニューからユーザーを選択しましょう。 この中 […]